早めに準備しておこう

梱包材に使われることの多いエアクッションが、結露対策に使用できます。 窓の大きさに合わせて、購入してください。 100円ショップでも販売されているので、大きな出費にはなりません。 こちらの商品はシールなどが付いていないので、両面テープを使って貼ってください。

吸水テープを得よう

窓に貼る、吸水テープというものもあります。 こちらはエアクッションに比べて、見栄えが悪くないという面がメリットでしょう。 いくつかデザインがあるので、部屋の雰囲気に合うものを購入してください。 また、吸水テープの素材にも注目して選択すると良いですね。

ワイパーで水を取る

窓に様々な道具を貼っているかもしれませんが、それだけで完璧に対策はできません。 まだ結露が気になるなら、人力で水滴を取ってください。 結露取りワイパーがあれば、簡単に水を取れます。 それからタオルで窓を拭くと、綺麗になりますし周囲が汚れることを防げます。

エアクッションを使ってみよう

冬になってから結露対策をするより、もっと早くから対策することをおすすめします。
すると結露に悩まされることもなくなり、快適に冬を過ごせるでしょう。
道具はホームセンターや、100円ショップで購入できます。
エアクッションを窓に貼ることで、対策になるので使ってください。
梱包材として使われることが多いですが、お店に行くと大きいサイズのエアクッションが販売されています。
それなら窓にも使えるので、両面テープなどで貼りましょう。

吸水テープという商品も、ホームセンターや100円ショップで販売されています。
窓の下部分に貼ると、水滴が垂れるのを防いでくれる道具になります。
シンプルな柄の吸水テープもありますし、動物や花柄の可愛らしい吸水テープもあります。
部屋の雰囲気に合うものを選んでください。
結露が特にひどい部分は、高分子吸収体という素材を使っている吸水テープがおすすめです。
そちらの方が、吸水力が強いと言われています。

エアクッションや吸水テープを使っても、まだ結露が気になる人が見られます。
その際は、やはり人力で水滴を取ることをおすすめします。
お店に行くと、結露を取る専用のワイパーが売られているので入手してください。
ワイパーで大体の水滴をとったら、タオルで拭くと周囲が濡れることはありません。
窓を拭く作業が終わったら、持ち手に溜まった水をすみやかに処分しましょう。
そのままにしていると、中で水が腐って非常に不衛生な環境になってしまいます。

TOPへ戻る