ワイパーで水を取る

順番を覚えておこう

完全に、結露をなくすのは難しいです。
ですからエアクッションや吸水テープで対策をした上で、さらにワイパーで水を取ってください。
作業するのは、朝が最も良いと言われています。
まずは、ワイパーで結露の水を取ってください。
この時ワイパーは、下から上に向かって動かします。
大体の水を取れたら、今度は乾いたタオルで拭きましょう。

すると窓が乾くので、結露に悩まされることはありません。
朝に結露を取ることを、習慣にすると良いですね。
またワイパーも、ホームセンターや100円ショップで買えます。
雑に扱うと壊れて使えなくなってしまうので、丁寧に扱いましょう。
気になった時にすぐ作業できるように、ワイパーを購入しておくのが良い方法です。

すみやかに水を処分する

どんどん結露を取っていると、水が持ち手部分に溜まります。
作業が終わったら、それをすぐに捨ててください。
少ししか溜まっていない場合でも、残しておくと内部で腐って非常に汚いです。
自分で、好きなペットボトルを付けられるワイパーも良いですね。
複数の窓を一気に対処したい時や、大きな窓の結露を取る場合はたくさんの水が溜まることが考えられます。

その時に小さなペットボトルではすぐ満杯になって、何度も水を捨てに行かなければいけないかもしれません。
面倒な手間が発生するので、大量の水でも溜められるように大型のペットボトルを装着しておきましょう。
ワイパーを買う前に、どのサイズのペットボトルを使用できるのか調べてください。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c